早めの対策を行うことが肝心|ペットの肝臓病対策

女性と犬

肝臓病の対策

聴診器

肝臓病は、人もペットも等しく危険な病気です。肝臓は沈黙の臓器と呼ばれるほど頑丈で自覚症状がわかりにくい臓器であり、自覚症状が出始めているころにはすでに症状がだいぶ悪化している可能性があります。よって、肝臓病の予防は常に考えておかなければなりません。ペットの場合、人よりも更に気を使う必要があります。人は不調があれば自分で治しにいけますし、不調を訴えることができます。しかし、ペットはしゃべれないため、飼い主が注意深くみてないとわかりません。よって、きちんと症状は確認しておきましょう。
ペットの肝臓病を治すには、まず獣医のもとで薬を処方して貰う必要があります。そして、その薬をもとに、日常生活の見直しを行いましょう。まず、食生活ですが、脂肪分が少なく、タンパク質が取れるものを用意しましょう。肝臓病は肥満が原因でも発症するので、食生活の見直しは重要です。また、定期的な運動も重要です。犬の場合は散歩に連れていき、思いっきり体を動かさせましょう。なお、散歩は犬のストレス発散にもつながるため、腎臓病以外の予防にもつながります。
肝臓病で最も怖いのは、慢性肝炎です。肝炎が慢性化し、慢性肝炎になることで肝硬変へと変わるリスクは大きくなってしまうからです。肝硬変になるともはや完治は不可能になってしまい、投薬と定期検診が必要になってしまいます。そのため、健康診断は定期的に受け、ペットの健康には常に気を使いましょう。ペットの健康は、飼い主である自分に降り掛かってくるのですから。

肝臓の働き

キャット

犬や猫などの肝臓の働きと、人の肝臓の働きは同じです。肝臓の強さや働きは同じであり、人もペットも関係なく肝臓に異常が起きると肝臓病になってしまうため注意が必要です。

詳細を確認する

肝臓病の種類

獣医

肝臓病の中で不安なのは肝炎だけではありません。他にも肝臓が原因で発症する病気は多く、ペットが発症しやすい肝臓病は3つほどあります。よって、ペットのサインは見逃さないようにしましょう。

詳細を確認する

サプリメントを用いる

動物たち

ペットの肝臓病予防あるいは症状の改善にサプリメントを使うという方法があります。サプリメントは不足しがちな栄養を補ってくれ瘻孔家があり、食事療法において大きな手助けとなります。

詳細を確認する